てるぼサロンへの支援

いちかわ社協では、誰もが気軽に参加でき、さまざまな活動を通じて人と人が出会い、声をかけあえる場として、てるぼサロン(ふれあいいきいきサロン)を支援しています。
○地域と関わりの少ない人たちに参加を呼びかけます。
○幅広い世代への参加を呼びかけ、情報発信します。
○身近な場所での開催を促進します。
○てるぼサロン同士の交流・連携を支援します。
○てるぼサロン活動助成を行います。
 
てるぼサロンとは? 市川市内で開催されているサロン活動で、開催地区の地区社会福祉協議会(地区社協)の承認を受け、いちかわ社協に登録したサロン活動の“総称”です
 てるぼサロンに登録すると、様々なサポート体制があります
てるぼサロンの条件 ・誰でも参加できること
・営利目的でないこと(参加費等の実費程度のものは可)
・政治、宗教的な活動でないこと
・地域住民が運営する活動であること
・原則、月1回程度は開催される活動であること
・地区社協、いちかわ社協との連携を図ること
てるぼサロンの場所 自治町会館(集会所)、公民館、個人宅、社寺、その他
てるぼサロンの内容 住民同士がふれあいの場となるような内容です
 ※例えば、おしゃべり会、軽い体操、レクリエーション、お茶会、折り紙、手芸など
 …毎回テーマが違っても、何もテーマを決めなくても構いません
いちかわ社協が
応援します
・てるぼ看板を差し上げます
・事業費(人件費を除く)の一部を補助します
・サロン保険(全国社会福祉協議会)の加入対象となります
・サロン保険(全国社会福祉協議会)の保険料を助成します ※上限あり
・運営に関する相談や、日頃の活動の相談や研修会等を開催します
・地区社協と連携を図るための支援を行います